最新コラム詳細

CEマークの指令/規則
応用知識
目次

資材なのにCEマークが必要なの?欧州の建設資材規則(EU)305/2011とは

建設資材規則(EU)305/2011の概要

建設資材規則(EU)305/2011は建造物に関する全ての材料、建造物、設備に適用されます。
建設用材料、部品、構造材、接着剤なども含まれます。建設資材規則(CPR)は2013年7月1日より実効となっており、2013年以前は20年余にわたって建設資材指令(CPD)が運用されていました。2013年7月1日に指令から規則へとアップデートされました。

 

建設資材規則(EU)305/2011の対象

建設資材規則(EU)305/2011のANNEX Ⅳに記載されている製品が適用分野となります。
この規則は、建設資材の本質的な特性に関連する性能の表現方法およびそれらの製品へのCEマーキングの使用に関する規則を確立しています。そして、建設資材の市場への投入または利用条件を定めています。CPRは、規則でありEUのすべての加盟国に直接適用されます。

 

「建設資材」とは、建設作業またはその一部に恒久的に組み込まれるように製造および市場に投入され、そのパフォーマンスが建設作業のパフォーマンスに影響を与える製品またはキットを意味します。
「キット」とは、建設工事に組み込むために組み立てる必要のある、少なくとも2つの別個のコンポーネントのセットとして、単一の製造者によって市場に投入された建設資材を意味します。

 

ANNEX4の製品分野

 

建設資材規則(EU)305/2011の要求

CPRの7つの基本的な要件事項

  • 機械的抵抗性と安定性
  • 火災の場合の安全性
  • 衛生、健康と環境
  • 使用上の安全性とアクセシビリティ
  • ノイズに対する保護
  • エネルギー経済と保温
  • 天然資源の持続可能な利用

 

建設資材規則305/2011への適合方法

  1. 適用されるヨーロッパの整合規格を決定する。
  2. 製造者がどのEU加盟国で建設資材を市場に投入したいかを決定し、これらの加盟国が特定の性能基準要件を持っているかどうかを確認する。
  3. 欧州の整合規格(hEN)で指定された該当する試験に対して試験し、規格のラベル、文書、その他の要件を適用する。
  4. 工場生産管理システムを構築する。
  5. 欧州の整合規格の仕様に応じて、認証機関によって建設資材の適合性を確認されるか、または、製造者によって自己宣言する。(該当製品により異なる。)
  6. 規則と整合規格で決定された形式で宣言する。

 

適合性評価手順

前項の5.にある適合性評価については、製品が該当する整合規格により手順が異なります。
システムは5分類(1+、1、2+、3、4)あります。1+が最も認証機関の関与が多いシステムとなり、システム4は自己宣言が可能です。

 

1.パフォーマンスの安定性の評価と検証のシステム
1.1システム1+ –次の項目に基づく製造者による建設製品の重要な特性の性能の宣言:
(a)製造者は以下を実行するものとします
(i)工場生産管理
(ii)規定されたテスト計画に従って工場で採取されたサンプルのさらなるテスト
(b)認証機関は、以下に基づいて製品の性能の不変性の証明書を発行するものとします
(i)タイプ試験(サンプリングを含む)、タイプ計算、表形式の値、または製品の説明文書に基づいた製品タイプの決定
(ii)製造工場と工場生産管理の最初の検査;
(iii)工場の生産管理の継続的な監視、評価、評価;
(iv)製品を市場に出す前に採取されたサンプルの監査テスト

 

1.2システム1-次の項目に基づく、製造者による建設製品の重要な特性の性能の宣言
(a)製造者は以下を実行するものとします
(i)工場生産管理;
(ii)規定されたテスト計画に従って、メーカーが工場で採取したサンプルをさらにテストする
(b)認証機関は、以下に基づいて製品の性能の不変性の証明書を発行するものとします
(i)タイプ試験(サンプリングを含む)、タイプ計算、表形式の値、または製品の説明文書に基づいて製品タイプを決定する
(ii)製造工場と工場生産管理の最初の検査
(iii)工場の生産管理の継続的な監視、評価、評価

 

1.3システム2+ –次の項目に基づく製造者による建設製品の重要な特性の性能の宣言
(a)製造者は以下を実行するものとします
(i)タイプ試験(サンプリングを含む)、タイプ計算、表形式の値、または製品の説明文書に基づいた製品タイプの決定
(ii)工場生産管理;
(iii)規定されたテスト計画に従って工場で採取されたサンプルのテスト
(b)認証機関は、以下に基づいて、工場の生産管理の適合証明書を発行するものとします
(i)製造工場と工場生産管理の最初の検査;
(ii)工場の生産管理の継続的な監視、評価、評価

 

1.4システム3 –次の項目に基づく、製造者による建設製品の重要な特性の性能の宣言
(a)製造者は工場生産管理を実施するものとします
(b)認証機関は、型式試験(製造者が実施したサンプリングに基づく)、型式計算、表形式の値、または製品の説明文書に基づいて、製品型式の決定を実行するものとします

 

1.5システム4 –次の項目に基づく、製造者による建設製品の重要な特性の性能の宣言
(a)製造者は以下を実行するものとします
(i)製品の型式試験、型式計算、表形式の値、または製品の説明文書に基づく製品型式の決定
(ii)工場生産管理;
(b)認証機関に対するタスクなし

 

性能宣言書(DECLARATION OF PERFORMANCE)

最後に、製造者はCPRのANNEX IIIに基づき、性能宣言書を発行する必要があります。
そして性能宣言書には以下が含まれます。

 

① 製品タイプの一意の識別コード
② タイプ、バッチ、シリアル番号、または必要とされる建設製品の識別を可能にするその他の要素
③ 製造業者が予見している、該当する整合規格に適合した建設製品の意図された使用
④ 製造業者の名前、登録商標名または登録商標および連絡先住所
⑤ 該当する場合、認定代理人の名前と連絡先
⑥ ANNEX Vに記載されている建設製品の性能の不変性の評価および検証のシステム
⑦ 整合規格の対象となる建設製品に関する性能宣言の場合
・該当する場合、認証機関の名前と識別番号
・ANNEXVに記載されているサードパーティのタスクの説明
・性能の一定性の証明書、工場生産管理の適合証明書、試験/計算レポート–必要に応じて

⑧ 欧州技術評価が発行された建設製品に関する性能宣言の場合
・該当する場合、技術評価機関の名前と識別番号
・ 欧州技術評価の整理番号
・欧州評価文書の整理番号
・ANNEXVに記載されているサードパーティのタスクの説明
・性能の恒常性の証明書、工場生産管理の適合証明書、テスト/計算レポート–必要に応じて
⑨ 宣言されたパフォーマンス
注1.③で示された使用目的の整合技術仕様で決定された必須特性のリストを含む
注2.リストされている各基本特性について、CPRの第6条の要件に適合して、対応する基本特性に関連するレベルまたはクラスまたは説明で表された宣言された性能を含む
「NPD」(パフォーマンス未決定)という文字は、パフォーマンスが宣言されていない場所に表示される
注3.リストされている各必須特性について、以下が含まれる
(a)対応する整合規格の日付付き参照、および関連する場合は、使用される特定または適切な技術文書の参照番号
または
(b)利用可能な場合は対応する欧州評価文書の日付付き参照、および使用された欧州技術

評価の参照番号

本質的な特徴

CPR第37条または第38条に従って特定の技術文書が使用されている場合、製品が適合するもの

⑩ ①および②で識別された製品のパフォーマンスは、⑨で宣言されたパフォーマンスに適合する。この性能宣言書は、④で特定された製造元の単独責任の下で発行される。
製造元のために、およびその代理として署名:
・名前と機能
・発行場所と発行日
・署名

 

適合の難しさはCEマーク該当指令/規則の中でトップクラス

ここまでご紹介したように、ほとんどの製品が認証機関の関与を必要としており、ほかの指令/規則と適合方法も異なるため建設資材規則のハードルは非常に高いものになります。さらに、日本での適合はさらに厳しいものになります。なぜなら、日本国内で適合までの認証ができる認証機関がないからです。そのため、海外の認証機関へ英語で依頼をするしかありません。それだけでも難しいですが、工場監査を要求するシステムが該当する製品の場合には、毎年の工場監査もランニングコストが発生します。もちろん、製品ごとに異なりますが、CPR適合までは半年~1年程度の期間がかかります。そして、費用は約1000万円前後、ランニングコストで約50万円前後かかることが多いです。このような背景から断念される日本メーカー様も少なくないのがCPRなのです。

 

建設資材規則305/2011の適合支援

このCPRに対して弊社では様々な面で適合支援を行っております。

 

  1. CPR及び他指令/規則の対象可否を特定
  2. 該当する整合規格の調査
  3. 試験所の手配(国内外、オンサイトも可能)

 

CPR、CEマーキングについてお困りのかたは下記のお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

【お問合せ】はこちら

 

 

 

 

関連記事
  • CEマーキングに必要な資料
  • CEマークとは
  • CEマーキングの基礎知識
  • セミナー情報
  • 新型コロナウイルス感染拡大によるセミナー中止のお知らせ
  • ページトップへ