最新コラム詳細

CEマークの関連の用語/情報
応用知識
目次

WEEE指令(2012/19 / EU)について

WEEE指令(2012/19 / EU)とは?

WEEE指令とは、Waste of Electrical and Electronic Equipmentの略で、廃電気・電子機器に対して2012年7月4日に発行され、環境の質を維持、保護、改善し、人間の健康を保護し、天然資源を慎重かつ合理的に利用することを目的に施行されました。
WEEE指令はCEマークの該当指令ではありません。EU各国は2016年からの3年間は市場に流通する電気・電子機器の回収率を少なくとも45%にすることが目標とされていました。2019年以降は65%または85%が目標となっています。

 

WEEE指令(2012/19 / EU)の対象製品

この指令は、電気・電子機器(EEE)に次のように適用されます。
2018年8月15日からは対象商品は以下の6カテゴリーに再編されました。これによりRoHS2と同じくオープンスコープ(WEEEの範囲外に指令されるEEE以外のすべてのEEEが対象)とされました。

 

  1. 温度交換装置(冷蔵庫、エアコンなど)
  2. スクリーン、モニター、および表面積が100㎠を超えるスクリーンがある機器
  3. 照明機器(フィラメント電球を除く)
  4. 大型機器(外寸50cm超)
  5. 小型機器(外寸50cm以下)
  6. 小型IT・通信機器

 

ANNEX IIIに該当するEEE(電気電子機器)の非網羅的なリスト

WEEE指令のANNEX Ⅳでは、上記の6カテゴリーに対する代表的な製品をリストにしています。ただし、これらはあくまで代表的なEEEですので、下記を参考に製品の対象カテゴリーを選定してください。

 

  1. 温度交換装置
    冷蔵庫、冷凍庫、冷製品を自動で供給する設備、空調設備、除湿設備、ヒートポンプ、油入りラジエーター、水以外の流体を使った温度交換設備。
  2. スクリーン、モニター、および表面が100 cm 2を超えるスクリーンを含む機器
    スクリーン、テレビ、LCDフォトフレーム、モニター、ラップトップ、ノートブック。
  3. ランプ
    直管蛍光灯、コンパクト蛍光灯、蛍光灯、高輝度放電ランプ-高圧ナトリウムランプとメタルハライドランプ、低圧ナトリウムランプ、LEDなど。
  4. 大型機器
    洗濯機、衣類乾燥機、食器洗い機、炊飯器、電気コンロ、電気ホットプレート、照明器具、音や映像を再生する機器、音楽機器(教会に設置されたパイプオルガンを除く)、編み物用機材、大型コンピューター本体、大型印刷機、コピー機、大型コインスロットマシン、大型医療機器、大型監視制御機器、製品とお金を自動的に供給する大型機器、太陽光発電パネル。
  5. 小型機器
    掃除機、カーペットスイーパー、裁縫用器具、照明器具、電子レンジ、換気装置、アイロン、トースター、電気ナイフ、電気ポット、時計、電気かみそり、体重計、ヘアケア用器具、電卓、ラジオセット、ビデオカメラ、ビデオレコーダー、Hi-Fi機器、楽器、音または画像を再生する機器、電気および電子玩具、スポーツ機器、サイクリング、ダイビング、ランニング、ローイングなどのためのコンピューター、煙探知器、ヒーターレギュレーター、サーモスタット、小型電気機器電子ツール、小型医療機器、小型監視および制御機器、製品を自動的に提供する小型アプライアンス、統合された太陽光発電パネルを備えた小型機器。
  6. 小型のITおよび通信機器(50 cmを超える外形寸法なし)
    携帯電話、GPS、電卓、ルーター、パソコン、プリンター、電話など。

 

WEEE指令(2012/19 / EU)への適合方法

WEEE指令では、電気・電子機器廃棄物を製造した加盟国および生産者対し、その回収やリサイクルシステムの構築、費用負担を義務づけています。そして具体的にEEEの生産者(producer)に対して以下を要求しています。

 

  1. 加盟国の所轄当局に登録
  2. WEEE処理システムを構築
  3. 再利用、解体、リカバリーに考慮した製品設計
  4. 使用者やWEEEの処理施設に、WEEE指令で定められた情報を提供
  5. WEEEの指定マークを製品に貼付

 

WEEEのマーク

WEEEEのマークは、以下に示すように、取り消し線の付いたゴミ箱で構成されています。シンボルは視覚的で、読みやすく、消えないように印刷する必要があります。

 

このシンボルマークは、欧州規格EN 50419に基づいて貼付される必要があります。EN50419では、2005年8月13日以降に市場に出された電気および電子機器に「取り消し線付きのゴミ箱」のマークを付けることを生産者に要求しています。

 

WEEE指令(2012/19 / EU)の対象外となる製品

WEEE指令は、次のEEEには適用されません。

 

  1. 加盟国の安全保障の本質的な利益を保護するために必要な装備。
    武器、軍需品、特に軍事目的を意図した戦争物資など。
  2. 別の種類の機器の一部として特別に設計および設置された機器で、この指令から除外されている、またはこの指令の範囲に含まれない機器。
  3. フィラメント電球。
  4. 宇宙に送り込まれるように設計された機器。
  5. 大規模な据え付け産業用ツール。
  6. 大規模な固定設備。
    ただし、これらの設備の一部として特別に設計および設置されていない機器は除く。
  7. 型式承認されていない電気二輪車を除く、人または物資の輸送手段。
  8. 非道路移動機械は、プロ使用専用に提供。
  9. 企業間でのみ利用可能となる研究開発のみを目的として特別に設計された機器。
  10. 医療機器および体外診断用医療機器。

このような機器は、寿命が尽きる前に感染性があると予想され、アクティブな埋め込み型医療機器です。

 

ANNEX IIIのカテゴリーごとに適用される最小目標

(a)ANNEX IIIのカテゴリー1または4に該当するWEEEの場合

  • 85%が回収される
  • 80%は再利用およびリサイクルの準備ができているものとする。

 

(b)ANNEX IIIのカテゴリー2に該当するWEEEの場合

  • 80%を回収する。
  • 70%は再利用およびリサイクルできるように準備する必要がある。

 

(c)ANNEX IIIのカテゴリー5または6に該当するWEEEの場合

  • 75%が回収される
  • 55%は再利用およびリサイクルの準備ができているものとする。

 

(d)ANNEX IIIのカテゴリー3に該当するWEEEの場合

  • 80%をリサイクルする必要がある。

 

参考情報:2018年8月14日までの対象カテゴリー

2012年8月13日から2018年8月14日は、WEEE指令のANNEXIに規定されたカテゴリーが対象でした。

 

  1. 大型家電
  2. 小型家電
  3. ITおよび通信機器
  4. 民生機器および太陽光発電パネル
  5. 照明器具
  6. 電気および電子ツール(大規模な据え置き型産業用ツールを除く)
  7. おもちゃ、レジャーやスポーツ用品
  8. 医療機器(すべての埋め込み製品と感染製品を除く)
  9. 監視および制御機器
  10. 自動ディスペンサー

 

 

関連記事
  • CEマーキングの基礎知識
  • 欧州はEN規格?整合規格(HARMONISED STANDARDS)とは
  • お問い合わせ
  • ページトップへ